小林 裕和

プロフィール: 

松商学園高校ではサッカー部に所属し、インターハイ出場やドイツへの単身サッカー留学を経験。 日本体育大学に進学すると友人の誘いでセパタクロー同好会に入会、大学2年時にジュニアオリンピックで優勝し個人MVPを獲得するなど活躍。 日体大卒業後はSC TOKYOに所属し、2008年8月には本場タイの各地を2週間にわたり転戦。2009年5月の代表選考会で日本代表に初選出。 その後は、2014年A.S.WAKABAに移籍して活躍しているプレイヤー。

HP:

コメント:

セパタクロー競技は空中の格闘技と呼ばれるほど動きの激しいスポーツです。その中でも体を支える体幹は重要な要素で、普段のトレーニングはもちろんのことインソールもプレーを安定させる大切な要因です。セパタクロー は片足立ちでプレーする機会が多く、バランスがプレーに影響します。バネインソールを履いて10年ほどになりますが、私の感覚ではバネインソールがあるのとないのではバランスや体幹への影響が大きく違って、使用することで良いパフォーマンスを引き出してもらっています。競技以外でも仕事の革靴に入れているほどです。皆さんも是非一度お試しください。

TOP