ゴルフ

ゴルフ

宮里美香プロ  
宮里美香プロ
プロフィール: 父親の影響で、7歳からゴルフを始める。 2000年に11歳で沖縄県民ジュニアゴルフ選手権に初優勝し、2002年、2003年にかけて同大会で2連覇を達成 2003年のダイキンオーキッドレディース アマチュア選手権大会で優勝 2004年の日本女子プロゴルフ協会ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドで8位に入る 2004年6月の日本女子アマ選手権で、14歳8カ月という日本最年少記録で優勝。 2005年にベルーナレディスカップで9位タイ。 高校卒業後の2008年6月に渡米 2008年12月3-7日のLPGAツアーのクオリファイングトーナメント(シード権獲得のための資格試験)において、アマチュアながら12位で合格し、2009年のシード権を獲得。合格者は20人で、アマチュアの合格選手は宮里1人だけ。 〇プロトーナメント 2009年12月9日、予選会終了後にプロ転向宣言。一緒に合格した選手には、日本の元賞金女王大山志保、また、現在世界ランキング3位のステーシー・ルイス、かつての世界ランキング2位のミシェル・ウィー。 2010年10月、日本女子オープンゴルフ選手権競技でツアー初優勝。JLPGAツアーの」メジャー大会で初優勝 2012年8月、セーフウェイクラシックで米女子ツアー初優勝。 2013年、日本女子オープンゴルフ選手権競技優勝。23歳での同大会複数回優勝は史上初。
HP: http://www.mika-miyazato.com/
コメント: プレー中、長時間歩いても疲れなく、足元から下半身に力が入るので ヒザや腰にかかる負担が軽減しました。

佐伯三貴プロ  
佐伯三貴プロ
プロフィール: プロゴルファー。11歳でゴルフを始め、多くのアマチュア大会で好成績を残す。2007年プロに転向し、フジサンケイレディスクラシック優勝、2010年伊藤園レディスゴルフトーナメント優勝し、通算ツアー2勝目をあげる。また、バラエティ番組やゴルフ番組にも出演し活躍中。
HP: http://miki-saiki.com/
コメント: バネインソールに替えてから、アドレスも良くなり、方向性も良くなりました。 バネインソールをはじめて使って、今まで履いていたインソールとは全く別ものだなと感じました。プレイ中のアドレスもすごく姿勢が良くなりましたし、ほんとに歩いていても疲れないし。とにかく私はバネインソールに替えてから、アドレスも方向性も良くなったので、ぜひお薦めします。

全美貞プロ  
全美貞プロ
プロフィール: 出身地:韓国。05年に日本ツアーデビューすると、翌06年に日本初優勝を含む3勝を挙げて一気に頭角を現す。さらに07年にはツアー制施行後初となる3試合連続優勝を達成した。その後も勝ち星を積み重ね、12年には年間4勝を挙げて賞金女王に。15年には史上5人目となる生涯獲得賞金9億円突破した。ツアー通算22勝。175cmという長身で趣味は映画鑑賞。
HP:
コメント: バネインソールを使ってから、 足の疲れが大分変って、すごく良いです!

森田遥プロ  
森田遥プロ
プロフィール: プロゴルファー。両親はともに中国出身の元卓球選手。コーチとして日本に赴任した父・忠明さんの練習に付き添ったのがきっかけで、9歳の時にクラブを握り、四国でジュニアタイトルを重ねた。2012年には「日本女子アマチュアゴルフ選手権」の決勝戦で敗れ準優勝に終わるも、翌13年にリベンジに成功。女子アマ日本一の称号を手に入れた。日本代表チームの一員としても活躍し、14年は「ヨコハマタイヤPRGRレディス」3位、「サイバーエージェントレディス」2位などアマチュアとしてツアー制覇に限りなく近い存在となった。若手注目株のプライヤー。
HP: http://close-up.alba.co.jp/moritaharuka/
コメント: バネインソールを使ってから、スウィング時の安定が高まりました。 長いトーナメントでは、後半の足の疲れが断然なくなって、腰の疲れもグッと減りました。

表純子プロ  
表純子プロ
プロフィール: 日本女子プロゴルフ協会会員、プロゴルファー。15年のアース・モンダミンカップでツアー連続試合出場の新記録(155試合)を達成した鉄人。なお第一線で戦い続けており、同年の『ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン』でツアー4勝目を挙げた。岡本綾子に師事しており、一門の番頭としてチームを引っ張る存在でもある。また、キャディは夫の広樹氏が務め、夫婦二人三脚で次なる勝利を窺う。
HP:
コメント:

畑岡奈紗プロ  
畑岡奈紗プロ
プロフィール: アメリカ航空宇宙局NASAが名前の由来。「前人未到のことをするように」との願いが込められている。ゴルフ場に勤務する母の影響で11歳のときにクラブを手にし、中学時代に中嶋常幸が指導する「ヒルズゴルフ・トミーアカデミー」の門を叩き、本格的に才能を開花。一方で学校では陸上部に所属し、200m走の選手として県大会7位入賞など活躍した。高校2年時には世界ジュニアゴルフ選手権、国体と続けて個人、団体のW優勝を成し遂げ、ナショナルチームメンバーにも選抜された。世界ジュニア連覇を遂げた2016年10月「日本女子オープン」で国内メジャー史上初のアマチュア優勝、最年少制覇を達成すると、8日後の同10日にプロ転向を表明。宮里藍の記録(18歳110日)を抜き、日本人史上最年少(17歳271日)でツアー出場資格を持つ女子プロとなった。
HP: https://www.instagram.com/nasahataoka/
コメント:

金田久美子プロ  
金田久美子プロ
プロフィール: 3歳でゴルフを始めるとメキメキ頭角を現し、タイガー・ウッズの記録に並ぶ、8歳で「世界ジュニア選手権」(10歳以下の部)を制している。その後も、「日本ジュニア」や「世界ジュニア」、さらに「中部女子アマチュア」など、数々のアマチュア大会で優勝。まさに天才少女と呼ぶに相応しい実績を残した。12歳9ヶ月でトーナメントの最年少予選通過記録を打ち立てると、以降はツアーで何度も優勝争いを演じ続けた。プロ転向も果たしたプロゴルファー。
HP:
コメント:

李 美香プロ  
李 美香プロ
プロフィール: 出身地:韓国。日米のツアーでも優勝経験のあるプロゴルファー。
HP:
コメント:

チ・ウンヒプロ  
チ・ウンヒプロ
プロフィール: 出身地:韓国。全米のツアーでも優勝経験のあるプロゴルファー。 ルーキーイヤーの2007年の「全英リコー女子オープン」で5位に入るなど、早くも才能の一端を見せていた。 本格参戦した2008年は出場27試合でトップ10フィニッシュ8回、6月の「ウェグマンズLPGA」ではツアー初勝利をマークするなど一気に才能が開花。 09年、「全米女子オープン」を制する快挙を遂げ、一躍スターダム駆け上った選手。
HP:
コメント:

江澤亜弥プロ  
江澤亜弥プロ
プロフィール: プロゴルファー。出身高校は地元埼玉県の強豪埼玉栄高等学校。アプローチとパットが得意とのことで、確実なゴルフでスコアメイクしていく。 愛くるしいルックスも重なり今後人気が出る存在。
HP: http://ameblo.jp/ayaaaaapi421/
コメント:

ベアトリス・レカリプロ( Beatriz Recari)  
ベアトリス・レカリプロ( Beatriz Recari)
プロフィール: プロゴルファー。スペイン・パンプローナ出身。 アメリカ女子ツアーでの優勝経験もあり、端正な顔立ちからプロゴルファー兼モデルで活動もしている選手。
HP:
コメント:

笠りつ子プロ  
笠りつ子プロ
プロフィール: 家族全員がゴルフをする環境で育ち、9歳でクラブを握った。 当時からプロゴルファーになる事を目標に、父がコーチを務めていた坂田塾に入塾し腕を磨く。 東海大学付属第二高1年時の‛03年九州女子アマで史上最年少Vを飾り、注目を集めた。 高校を卒業した‛06年の7月に、プロテストを一発合格し、同年の9月マンシングウェアレディース 東海クラシックでプロデビューを果たす。
HP: http://ritsuko-ryu.net/
コメント:

馬場ゆかりプロ  
馬場ゆかりプロ
プロフィール: 小学校2年生から父親の勧めでゴルフをはじめ、久留米市立久留米商業高等学校3年時に日本ジュニアゴルフ選手権競技で3位タイ。2002年のプロテストに一発合格。 2004年のヨネックスレディスでは、不動裕理をおさえて初優勝を勝ち取る。2008年のライフカードレディスでは、最終日にホールインワンを出して4年ぶりの通算2勝目を達成。同年7月に開催された全英リコー女子オープンに出場した。2011年10月2日、愛知県・和合にて行われた日本女子オープンで念願の公式戦初優勝。 小柄な体(149cm)ながら、ダイナミックなプレーが持ち味。
HP: http://pakila.jp/yukaribaba/
コメント: バネインソールを使いはじめて、すごくショットが安定するようになりました。どんな時も重心を保ってくれるので是非、皆さんに使って欲しいです。

SKホプロ  
SKホプロ
プロフィール: プロゴルファー。韓国出身。1995年プロに転向。2001年から日本ツアーに参戦。2002年「住建産業オープン広島」で日本国内初優勝。「全英オープン」にも出場し、2005年に日本プロゴルフ選手権で2連覇を成し遂げた。日本国内ツアー8勝。
HP:
コメント: アドレスの時のスタンスやスイングの時にとても安定しています。ラウンドを終えた時の足の疲れも以前よりも感じなくなりました。今は、なくてはならない物になっています。このインソールがない靴を使う時は不安を感じます。使い始めてから、ゴルフの自信もあがってきたので、みなさんにもおすすめです。ぜひ使ってください。

潟手陽介プロキャディ  
潟手陽介プロキャディ
プロフィール: ※肖像権は弊社HPのみで使用が認められています。他での使用は一切認められていません。 様々なトッププロのキャディをこれまで勤めきたプロゴルフツアーキャディ。 選手をサポートするキャディも選手同様、毎週毎のラウンドで本当にタフでないとつとまらないポジション。 愛称:ガッティ(GATTI)  
HP: http://www.procaddie.net/
コメント:

丸山茂樹プロ  
丸山茂樹プロ
プロフィール: ※肖像権は弊社HPのみで使用が認められています。他での使用は一切認められていません。 プロゴルファー。1992年プロ転向。1993年に国内ツアー初優勝後、数々の国内ツアーで優勝し、1997年国内タイトル年間3勝を挙げる。2000年からは、米ツアーに参戦し、計3勝を挙げる。また、テレビ番組にも出演し、活躍中。
HP: http://www.team-maru.com/
コメント:

出口 慎一郎プロキャディ  
出口 慎一郎プロキャディ
プロフィール: ※肖像権は弊社HPのみで使用が認められています。他での使用は一切認められていません。 長崎県五島列島生まれ。 2011年、杉澤伸章キャディーに直訴し、ツアーキャディーの道へ・・・ 男女合わせて29名の様々なトッププロのキャディをこれまで勤めきたプロゴルフツアーキャディ。
HP:
コメント:

宮崎晃一プロキャディ  
宮崎晃一プロキャディ
プロフィール: ※肖像権は弊社HPのみで使用が認められています。他での使用は一切認められていません。 様々なトッププロのキャディをこれまで勤めきたプロゴルフツアーキャディ。 2016年度は若手注目の森田遥プロのキャディも務めている。
HP: http://ameblo.jp/k-m0101/
コメント:

関根淳プロキャディ  
関根淳プロキャディ
プロフィール: 神奈川県出身。 様々なトップゴルファーのキャディを勤めてきたツアープロキャディ。
HP:
コメント:

水巻善典プロ  
水巻善典プロ
プロフィール:
HP: http://www.yoshi-mizumaki.jp/
コメント:

加藤大幸プロキャディ  
加藤大幸プロキャディ
プロフィール: 様々なトップゴルファーのキャディを勤めてきたツアーキャディ。
HP:
コメント:

 B・ケネディ (ケネディ ブラッド)  
B・ケネディ (ケネディ ブラッド)
プロフィール: 父親がテニスのコーチだった影響で子供のころはテニスがメインのスポーツだった。13歳の時に初めてゴルフのレッスンを受けて夢中に。父親が自宅につくってくれたアプローチグリーンや近所のゴルフ場で毎日のように練習していた。  プロ転向後は母国のほか欧州やアジアでもプレー。2011年から参戦した日本ツアーの初優勝は12年の『ミズノオープン』。首位タイで迎えた最終日に66をマークして逃げ切った。13年は2月に豪州ツアーで3勝目を挙げ、日本では単独首位で3日目を終えていた『関西オープン』の最終日が悪天候で中止となり2勝目を手にした。14年は連覇のかかった『関西オープン』の3位が最高位。堅実なプレーが身上だ。
HP:
コメント:

石塚瑶一プロキャディ  
石塚瑶一プロキャディ
プロフィール: 様々なトップゴルファーのキャディを勤めてきたツアープロキャディ。 佐藤靖子プロ等のキャディをつとめる。
HP:
コメント:

谷口拓也プロ  
谷口拓也プロ
プロフィール: プロゴルファー。徳島県出身。2002年にプロに転向。2004年国内ツアー初優勝。また、バラエティ番組やゴルフ番組にも出演し、活躍している。
HP:
コメント: バネインソールを使うと身体の前後のバランスがよくなり、カップがしっかりしているのに、足自体にクッション性を感じるようになりました。とにかく足が疲れなくなりましたね。

増田伸洋プロ  
増田伸洋プロ
プロフィール:
HP:
コメント:

山下和宏プロ  
山下和宏プロ
プロフィール:
HP: http://ameblo.jp/kaz-yam/
コメント:

 河井 博大 プロ  
河井 博大 プロ
プロフィール: 広島県出身。プロゴルフプレイヤー。 中学3年でゴルフを始め、瀬戸内高校⇒日本大学を経て広野GCで研修生となり、1996年にプロテストで合格。 ショットの精度は高くパーオン率1位にも輝いているプレイヤー。男子ゴルフトーナメントでも優勝を経験している。
HP:
コメント:

高柳 直人プロ  
高柳 直人プロ
プロフィール: 茨城県出身のプロゴルフプレイヤー。東北福祉大学 卒業。 アマチュア時代の戦歴:2009国体優勝 2010日本アマベスト8 。 ツアープレーヤー転向:2010年より参戦。
HP:
コメント:

塩見 好輝プロ  
塩見 好輝プロ
プロフィール: 大阪府出身。プロゴルファー。ゴルフは父親の練習についていったことがきっかけで始め、高校は故郷の大阪を離れて埼玉栄へ。3年時には主将としてチームを引っ張り、同校の『全国高校選手権』初優勝に貢献している。 東北福祉大学でも主将を務め、4年時の2012年には『信夫杯争奪日本大学対抗戦』『全国大学対抗戦』など5つの団体タイトルを独占した。 プロデビュー1年目の13年はツアーの出場は1試合のみ。QTで33位に入って臨んだ14年は『セガサミーカップ』で初日82位から追い上げて自身初トップ10となる8位でフィニッシュ。その後は着実に賞金を積み上げて初シードをものにした。 思い切りよく振る1Wがセールスポイント。14年は通算7個のイーグルを奪い、イーグル率は3位に入った。一方でリカバリー率が65.98%で9位と小技のうまさも光っているプレイヤー。
HP:
コメント:

金 亨成(キム・ヒョンソン)  
金 亨成(キム・ヒョンソン)
プロフィール: 1980年5月12日韓国釜山出身。 17歳でゴルフを始め、2005年にプロへ転向。韓国ツアーで3勝を挙げた後、日本ツアー挑戦を決意し来日。 2008年のQTで7位に入って以来、2009年から日本を主戦に活躍。 1年目からシードを獲得。フェアウェイキープ率1位などショットの精度の高さが持ち味。
HP: http://www.kim-hyung-sung.com/
コメント:

武藤俊憲プロ  
武藤俊憲プロ
プロフィール:
HP:
コメント:

岩瀬 隆広プロ  
岩瀬 隆広プロ
プロフィール: 飛距離を競うドラコン競技のプロ。 JPLA(日本プロフェッショナルロングドライバーズ協会)に所属。 最高飛距離408ヤードをマーク。ドラコン界の超人ハルクとも言われているプレイヤー。
HP: http://ameblo.jp/088719/
コメント:

岡部 健一朗プロ  
岡部 健一朗プロ
プロフィール: 飛距離を競うドラコン競技のプロ。 JPLA(日本プロフェッショナルロングドライバーズ協会)に所属。 最高飛距離431ヤードをマーク。(2010年9月現在日本記録保持者) NGFティーチングプロ資格取得後、ドラコンプロとして活躍する傍ら、スクールでの指導も行っているプレイヤー。
HP: http://discovery-golf.com/about.html
コメント:

田島 創志プロ  
田島 創志プロ
プロフィール: 歴代総理大臣を2人輩出している群馬県の高崎高校出身のプロゴルファー。 00年にプロ転向。QTで2位に入って臨んだ03年は夏場に2試合連続4位に入った後、『久光製薬KBCオーガスタ』で初日に64をマークして首位に立つと、その後もスコアを伸ばして一度も首位を譲らないまま19アンダーで初優勝を飾る。
HP:
コメント: 土台がしっかりする為、今までより敏感にショットに影響する。土踏まずのサポートが良いと絶賛を頂きました。

大城さつきプロ  
大城さつきプロ
プロフィール: プロゴルファー。沖縄県糸満市 出身。 多くのトッププロを輩出している沖縄県出身。ジュニア競技では多くのタイトルを獲得し、07年にはナショナルチームにも選出された。09年のプロテストに合格すると、翌年のファイナルQTを3位で突破し、11年シーズンのツアー出場権を獲得。球筋をドローからフェードに変えたショットも体に馴染みはじめ、上位に顔を出すことも増えてきているだけに、今後の活躍が期待されるプレイヤー。
HP:
コメント:

金ソヨンプロ  
金ソヨンプロ
プロフィール: プロゴルファー。韓国出身。 趣味:ネイルアートなど のちにプロゴルファーとなる兄の影響でゴルフを始め、高校卒業後の2005年にプロ転向。翌年から韓国ツアーで10年間プレーし、16年日本ツアーにフル参戦。 距離の出るティショットと巧みな小技でプレイするゴルファー。
HP:
コメント:

黄アルムプロ  
黄アルムプロ
プロフィール: プロゴルファー。韓国出身。 2006年のクオリファイを通過し、2007年から日本女子ツアーに参戦。 2008年には日本女子プロゴルフ協会のプロテストをトップ合格し、同年のステップアップツアーで、2勝を挙げる。 2009年、ヤマハレディースオープン葛城で2位に8打差をつける通算11アンダーで日本ツアー初優勝を果たす。
HP:
コメント:

大竹エイカプロ  
大竹エイカプロ
プロフィール: プロゴルファー。神奈川藤沢市出身。趣味:バイクツーリング、料理。
HP:
コメント:

濱 美咲プロ  
濱 美咲プロ
プロフィール: プロゴルファー。徳島県出身。若手注目のプレイヤーでシード権獲得をめざし活動中。
HP:
コメント:

森井菖プロ  
森井菖プロ
プロフィール: プロゴルファー。大阪府東大阪市出身。
HP:
コメント:

山本薫里プロ  
山本薫里プロ
プロフィール: 高校卒業時の進路選択で、就職希望の理由として「プロゴルファーを目指す」と家族に 告げて、キャディとしてゴルフ場に就職しましたが、 本格的にゴルフを始めたのは プロゴルファーの中では遅い 21 歳。ゴルフ場で研修生として働きながら練習を 積み、わずか 5 年でプロ合格という経歴の持ち主。
HP: http://ameblo.jp/kaoridayoo/
コメント:

下川めぐみプロ  
下川めぐみプロ
プロフィール:
HP: http://ameblo.jp/megumi-shimokawa/
コメント:

葉莉英(イエリーイン)プロ  
葉莉英(イエリーイン)プロ
プロフィール:
HP:
コメント:

前田慶子プロキャディ  
前田慶子プロキャディ
プロフィール: ・様々なトッププロのバッグを担ぐ、プロキャディ。
HP:
コメント:

橋本道七三キャディ  
橋本道七三キャディ
プロフィール:
HP:
コメント:

保科隆キャディ  
保科隆キャディ
プロフィール:
HP:
コメント:

ページTOPに戻る↑