アドバイザー

アドバイザー

山脇 啓司さん  
山脇 啓司さん
プロフィール: トレーナー。日米プロ野球チームや様々なアスリートのトレーナー、コンディショニング&リハビリテーションコーチなどを経て、現在は、Kスポーツマッサージ鍼灸院の院長、バレーボール・バスケットボールの強豪チームのコンディショニングトレーナーとして活動している。
HP: http://k-sportsmassage.world.coocan.jp/
コメント:

柴田明さん  
柴田明さん
プロフィール: フィジカルトレーナー。青森県出身。社会人アメリカンフットボールチームやラグビーチームでトレーニング専門コーチを経験し、現在はプロ野球選手のトレーナーやスキークロスのワールドカップチャンピオン瀧澤選手のパーソナルトレーナーとして活動している。
HP: http://akirashibata.com/
コメント: バネインソールはカカトを安定させても動けるので万人にお勧めできるインソールです。 ほとんどの方は靴と足の間にインソールを入れる必要はないと思っているかもしれませんが、靴ヒモを締めても、カカトは靴の中で動くのでインソールはあった方が楽なんですよ。でも、硬過ぎるとインソールは体重をかけた時、足の形の変化に対応できず足が痛くなるので、ある程度の柔らかさも必要です。バネインソールはそのバランスが絶妙で、ランニングしても足裏が痛くならない「柔らかさ」トレーニングで荷重しても力が逃げない「硬さ」が両立しています。もちろん楽に立てるし歩けるので、驚きましたよ。

塩見 裕さん  
塩見 裕さん
プロフィール:
HP:
コメント:

柴田宗範さん  
柴田宗範さん
プロフィール:
HP:
コメント:

今井美紀さん  
今井美紀さん
プロフィール: SpoYogaディレクター。フリースポーツジャーナリスト。スポーツジャーナリストとして、プロ野球、米大リーグ、五輪など各種スポーツを取材。TBSリポーターを経て、2007年からニッポン放送にてプロ野球の巨人戦を中心にリポーターを務め、スポーツ界の取材を続けている。また、取材現場での豊富な経験を通じ、ヨガにピラティスのエクササイズを取り入れて発展させたスポヨガのディレクターとして活動している。
HP:
コメント: ヨガ・ピラティス、体幹トレーニングなどで、身体のバランスを整えて、正しい姿勢を作ることは、意外と簡単なことです。身体をほぐして1時間もセッションを行えば、ほとんどの場合、すぐに身体のアライメントは変わります。でもそれをキープすることは、想像以上に難しいことでしょう。 地球上の重力の中で過ごしている以上、意識をしていなければ、立つ・歩く・寝るなど、何をしていても、身体のバランスを崩してしまうことがほとんどです。だからこそ、身体のバランスをキープさせるためには、『意識をしていない時』の過ごし方がとても大切になるのです。正しいインソールは、立つとき、歩くとき、動くとき、意識をしていなくても、正しいアライメントに導いてくれる足裏からの情報信号となります。無理なく楽に、日々のトレーニングをより効果的にするために、多くのクライアントの方々に、おすすめしております。

内藤雄士トーナメントプロティーチングコーチ  
内藤雄士トーナメントプロティーチングコーチ
プロフィール:
HP:
コメント: 骨格が安定するから、安心してスイングできます。傾斜のきついコースでは特に違うし、安心感があってスイングも安定します。これを使うとゴルフを終えた時の疲れが全然違うので、その分プレイに集中できますね!ぜひお薦めです!

森卓人さん  
森卓人さん
プロフィール: オーストリー国家検定スキー教師
HP:
コメント:

パトリック・バルターさん  
パトリック・バルターさん
プロフィール: オーストリー国家検定スキー教師
HP:
コメント:

ロメット・シェップフさん  
ロメット・シェップフさん
プロフィール: オーストリー国家検定スキー教師
HP:
コメント:

中野 崇さん  
中野 崇さん
プロフィール:
HP:
コメント:

工藤 健正さん  
工藤 健正さん
プロフィール:
HP:
コメント:

ページTOPに戻る↑